水島なぎ プロフィール

ライター・編集者・校正者

「書く・編む・正す ことばのよろず屋」を掲げる、フリーランスのライター・編集者・校正者。
継続中のお仕事・過去のお仕事実績については、ポートフォリオをご参考ください。

【書く-執筆

●記事ライティング
●文字起こし
(素起こし、ケバ取り、整文など)
●シナリオライティング
●書籍執筆
(企画、台割作成、原稿執筆など)
取材執筆 ※スケジュール応相談
●記事作成代行

編む-編集

●企画編集・書籍編集
●電子書籍編集
(企画、台割作成、原稿整理、校正校閲、word組版など)

【正す-校正・校閲

●校正・校閲
(文章チェック、正しい日本語、よりよい表現、事実調査など)

主な経歴

1985年 福井県生まれ。
実家は雪深い山奥にあり、本や漫画、ゲームくらいしか娯楽がなく、幼少期から創作活動を始める。

2008年 同志社大学文学部を卒業。
新卒で東京の某出版社に入社し、企画編集者となる。
市場調査、企画立案、原稿依頼、編集・制作・校正校閲など本づくりの全行程に携わる。その他、販促資材の制作や、初刷・増刷の部数検討会議、直販管理・在庫管理などにも従事。

2011年 結婚式の直後に東日本大震災を経験。
2012年 東京という大都市で働き続けること・子どもを産み育てることに疑問を感じ、退職。大学時代を過ごした京都に戻る。
本とことばにまつわる仕事を諦めきれず、図書館司書資格を取得。芸術大学の図書館司書として働きながら、副業としてWebライティングや文字起こしなどを始める。

2014年 図書館司書と副業ライターという2足のわらじを続けながら、児童向けオーディオブックの原稿リライト、電子書籍の執筆・編集、オウンドメディア記事の校正・校閲など、ことばにまつわるさまざまな仕事を手掛ける。
2017年 図書館司書の仕事を辞め、長女を出産。
震災の経験から、 「有事に家族を最優先できる働き方」を目指し、 産休・育休後はフリーランスのライター・作家・編集者として活動再開。

2020年 「書く・編む・正す ことばのよろず屋」として、ライティング・編集・校正校閲などことばにまつわるあらゆるお仕事を請け負うフリーランスとして始動。

稼働時間

主な稼働時間は平日10~16時、土日祝は休業です。
ただし、メールやメッセージツールでのご連絡はできる限り迅速に対応させていただきます。

今は育児優先の働き方をしているため、子どもの体調不良や行事などで臨時休業になることもあります。

お仕事には責任をもって全力で取り組んでおりますが、上記の理由により、やむを得ず納期等をご相談させていただく場合があります。それを踏まえた料金設計・納期設計となっておりますので、あたたかいご理解をいただけますと幸いです。

ブログ・SNS・ メッセージツール

●ブログ「ことばのブログ」
https://kotobanoyorozuya.com/blog/
当サイト内にてライティング・編集・校正校閲に役立つ情報や、直近のお仕事について主に発信しています。

●SNS
Twitter @nagi_kotobano

●お仕事で使用している主な連絡ツール
Gmail、Chat work、Slack、LINE など
GmailおよびTwitterDM以外のツールでは、コンタクト申請をクローズしています。お仕事のご相談やお見積りについては、以下よりお問い合わせいただくか、TwitterDMからご連絡くださいませ。

お仕事のご相談・お見積り